お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識 ―永代使用権・管理料/霊園・墓地の種類

お墓・霊園・墓石の株式会社加登 お墓に関するご相談、承っております。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ 資料請求 お電話でのお問い合せは 03-5733-4100
TOP・霊園のご案内新着情報お墓や仏事・法要について加登TOKYOについてお問い合わせ

TOP・霊園のご案内お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識
お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識
お墓や墓石、仏事・法要についての豆知識(墓豆)
永代使用権
お墓を買うということは、墓所を使用する権利を取得するという意味になります。
墓所は宅地のように土地そのものを売買するのではなく、「永代使用権」を得るという形をとります。つまり墓所の取得は所有権の譲渡ではなく、永代使用許可もしくは永代使用承諾という方式で扱われ、そこで支払われる代金を永代使用料といいます。
永代という名のごとく、永代使用権には期限がなく永久の権利ですから、使用者の権利は代々に渡って受け継がれていくことになります。永代使用料を払ってお墓を建てますが、土地は借りているものでも、お墓を使用者が建てるのですから、その使用権は祭祀を主宰する使用者にあるのです。
ただし、土地自体は借りているものですので、他人に転売したり転貸することはできません。
また、不要になった際には、無償返還となるのが一般的です。
管理料
管理料とは読んで字のごとく、管理するための料金です。掃除料という場合もあります。霊園内をきれいに維持するために使用されます。通路の清掃、花壇の手入れ、管理事務所や休憩所の電気代、水道代などに充てられます。(個々のお墓の清掃は含まれません)
一年ごとに納める、数年分納めるというように霊園によってことなりますので、管理事務所などで確認してください。
この管理料の支払いを怠るとその墓所を使用する権利が失われる可能性があります。
無縁であるかないかの判断基準のひとつとなります。
墓地・霊園
墓地・霊園には、大きく分けて三つの種類があり、経営者や管理者、形態などが異なっています。
それぞれに特徴があり、手に入れるための条件なども異なります。
代表的な三つとは、寺院墓地、公営墓地、民営墓地です。

寺院墓地は、お寺の境内にあり、檀家の人たちのためのものです。最近では、別の場所に霊園を持つ寺院も増えています。
境内墓地の場合は、基本的にそのお寺の檀家のためにあるものです。
そこに新しく墓地を持ちたい場合は、まず檀家であることが条件となってきます。
その宗教や宗派のやり方で法要などを営むことになるので、お墓に祀られる人の宗派に気をつけなければなりません。
お寺の敷地内にあるため、法要や葬儀を行うのに都合がよく、近くに僧侶がいることが多いので供養や読経もお願いしやすいことがメリットとして考えられます。
お寺の境内地から離れた場所で墓地を運営している場合は、いわゆる霊園形式で運営されている場合が多くなっています。
境内墓地と違うところは、比較的宗教や宗派にこだわらない場合が多く、民営の霊園に近いものだと考えることが出来ます。

公営墓地は、都道府県や市町村などの自治体が管理・運営するものです。
公が運営・管理するので安心感はありますが、希望者が多く、抽選になることがほとんどです。
応募には資格や条件が必要な場合が多く、基本的に地域住民のための墓地なのでその自治体に現住所が必要であったり、申し込みの時点で埋葬すべき遺骨があるといった項目がたいていの場合あります。
その霊園や自治体によって条件は異なりますので各自治体にお問い合わせ下さい。

民営霊園は、公園のような大規模な敷地を有し、収容数も多いです。
使用者の宗教や宗派に制約がない場合がほとんどで、申し込みも空いた区画がなくなるまで、随時受け付けていることが多いのが特徴です。
このほかに、納骨堂、霊廟といった室内形式の納骨方法も徐々に増えてきています。
納骨堂の本来の目的は、墓地に埋葬するまで、一時的に遺骨を預かり、保管することです。
霊廟は、納骨堂と同じもので、寺院によって運営されている場合、こういった呼び名をすることがあります。
納骨堂の場合は、永代使用ではなく数年単位での契約が多いようです。

これから墓地・霊園を購入することを検討されている方は、場所、金額、宗派は決めておいたほうが良いでしょう。
最初に考えておきたいのが墓地の場所。
自宅から近いほうが便利だが、住宅地の周辺の墓所は、寺院の墓地が多く、代々の檀家でいっぱいで、空きがない場合が多いと思います。
やはり、公営や民営の墓地が対象となり、必然的に郊外の墓地について検討することになります。
たびたび訪れて、十分な供養ができるように、自宅からの距離や交通機関に無理がないところを選びたいものです。
毎日訪れる場所でもないかと思われるので、金額や周辺の環境などと合わせて考えるとよいでしょう。

墓地を手に入れるときには、その区画の使用権を得るための永代使用料が必要となります。
そのほか、墓地内の緑地や水道、休憩所などの施設の維持管理のための管理費が必要となります。
区画の広さによっても違いますが、公営、民営、寺院墓地でも違ってきます。
お墓として機能させるには、墓石の金額も考えておかなければいけません。
公営墓地、民営墓地では、信仰する宗教・宗派を問わず利用することが可能です。
寺院墓地の場合は、そのお寺の檀家であることが条件となることがほとんどです。
あるいは新しく檀家になるが、その際に、過去の宗派を問われるかどうかは、そのお寺によって方針が違います。
寺院の経営であっても、民営墓地として運営されている霊園では、宗教・宗派を問わないところが多くなってきています。