神奈川県の霊園

お墓・霊園・墓石の株式会社加登 お墓に関するご相談、承っております。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ 資料請求 お電話でのお問い合せは 03-5733-4100
TOP・霊園のご案内新着情報お墓や仏事・法要について加登TOKYOについてお問い合わせ

TOP・霊園のご案内神奈川県の霊園
霊園のご案内
神奈川県の霊園
このページでは、横浜市を始めとする神奈川県の霊園の特徴や選び方、
加登トウキョウがお勧めする神奈川県および横浜市の霊園一覧などをご覧いただけます。
加登トウキョウが自信をもってオススメする、
横浜市の霊園
■ 新横浜中央霊園(横浜市神奈川区)
東海道の宿場町として発展した「神奈川宿」のあった横浜市神奈川区。エリアは臨海部、内陸部、丘陵部に大別することが出来ます。加登トウキョウの専属霊園「新横浜中央霊園」のある菅田町は丘陵部に位置し、近年でこそ住宅化が進んでいますが、古くから農村として栄えた地域です。
第三京浜道路が縦断する立地にありながら、どことなくのどかな空気を残しているのはそのためかも知れません。いくつかの霊園が点在する中、新横浜中央霊園は永代供養のシステムを完備する希少な霊園として注目を集めています。将来お墓が無縁になっても、永代供養塔【太陽の碑】に無料合祀し、永代にわたって管理・ご供養します。
新横浜中央霊園の詳細はこちら
新横浜中央霊園
■ 青葉ニュータウン霊園(横浜市青葉区)
横浜市青葉区は、港北区に次いで横浜市内で2番目に人口の多い区です。
区内を東名高速道路、国道246号線、東急田園都市線、横浜市営地下鉄ブルーラインが走り、東京へのアクセスが良いことでも知られています。
青葉ニュータウン霊園は東名高速「横浜青葉」ICや第三京浜「都筑IC」から車で10〜15分という利便性に優れた霊園です。管理棟にはソーラーパネルを設置し、園内の電力の一部をまかなっています。お参りする方にはもちろん、環境にも優しい最先端の霊園として周辺の霊園とは一線を画す人気を誇ります。
青葉ニュータウン霊園の詳細はこちら
青葉ニュータウン霊園
■ 戸塚長沼霊苑(横浜市栄区)
■ 横浜メモリアルガーデン(横浜市栄区)
横浜市栄区は、横浜市の南部に位置し、地勢的に古くから鎌倉との結び付きが強いエリアです。
気候は比較的温暖で、豊かな自然に恵まれています。戸塚長沼霊苑は丘陵地にあるため、富士山を望む素晴らしい眺望で人気です。横浜メモリアルガーデンは四季の花々に美しく彩られた公園墓地。いずれも完売間近となっておりますので、ご検討されているお客様はお急ぎください。
横浜メモリアルガーデン

横浜市には市営霊園がありますが、特に一般墓所については供給が追い付いていない状況で、小・中規模の民営霊園が次々とオープンしています。神奈川県下同様、近年オープンする霊園の多くは欧州の公園を思わせる美しい外観を備えているため、やはり目に見えない部分の違いを見極めることが大切です。特に、管理体制がしっかりしているかどうかは後々大きな差となって表れてきます。あらかじめチェックしておきましょう。墓地の販売終了とともに送迎バスの運行や園内清掃、植栽の剪定などを廃止する霊園もあり、注意が必要です。

加登トウキョウが自信をもってオススメする、
神奈川県下の霊園
■ 湘南ふじみ霊園(神奈川県藤沢市)
平成28年9月にグランドオープンした「湘南ふじみ霊園」のある藤沢市の人口は42万人。湘南エリアでは最大、神奈川県下でも横浜市、川崎市、相模原市に次ぐ第4 位の都市です。相模湾に面し、日本人なら知らぬ人のない景勝地「江ノ島」もこの藤沢市にあります。
藤沢市の市営霊園としては藤沢市大庭の「藤沢市営 大庭台墓園」と藤沢市西富の「藤沢市西富墓地」がありますが、いずれも一般的な平面墓地は完売しており、他市と同様民営霊園を求める方が大多数を占めています。中でも「湘南ふじみ霊園」は湘南の大動脈「藤沢バイパス(国道1号)」に面するアクセスの良さはもとより、エレベーター完備の完全バリアフリー設計、お隣のお墓との間にゆとりを持たせた贅沢な墓所、法要や会食も出来る管理棟などの最新施設なども脚光を浴びており、早くも湘南エリアの公園墓地を代表する存在になろうとしています。
湘南ふじみ霊園の詳細はこちら
湘南ふじみ霊園
湘南ふじみ霊園
■ 鎌倉材木座霊園(神奈川県鎌倉市) 「せいらいの丘」「しおさいの丘」
海と山。美しい自然の恵みと豊饒な歴史の薫りとが見事に融け合う日本でも有数の景勝地、鎌倉。
鎌倉材木座霊園はその中にあって、これまでに3000件の成約をいただいた歴史と実績の公園墓地です。丘の上から材木座海岸や、遠く富士山や大島を望める絶好のロケーションが大好評。著名人のお墓も多数あります。
せいらいの丘
しおさいの丘
■ 日本庭園陵墓 紅葉亭(神奈川県相模原市南区)
横浜市、川崎市に次ぐ、神奈川県内では3番目の人口を有する(2010年現在717,561人)相模原市。
市営霊園として峰山霊園(相模原市南区)と柴胡ヶ原墓地(相模原市中央区) がありますが、峰山霊園の一般墓所の公募は2013年に終了。柴胡ヶ原墓地は開園以来かなりの年数が経過しており、設備面で最新の霊園に及ばない面もあります。そうした背景を受け、近年は民営の霊園が人気を博しています。中でも日本庭園陵墓 紅葉亭は霊園という概念を覆し、和風庭園の趣を前面に打ち出したコンセプトが幅広い支持を集めています。
日本庭園陵墓 紅葉亭の詳細はこちら
日本庭園陵墓 紅葉亭
■ やすらぎの里 南葉山霊園(神奈川県横須賀市)
南葉山霊園は逗子、葉山、油壷など、数々のリゾート地がひしめく三浦半島の最高峰「大楠山」に抱かれた大型公園墓地です。霊園内の植栽などにも南国リゾートの雰囲気が感じられます。
やすらぎの里 南葉山霊園の詳細はこちら
やすらぎの里 南葉山霊園

神奈川県の人口は約900万人。東京都に次ぐ、全国で2番目に多くの人が暮らす大都市です。
横浜市、川崎市、相模原市という3つの政令指定都市を有し、人口密度でも東京都、大阪府に次ぐ第3位となっています。
公営の霊園も存在しますが、一般的な墓所区画は既に完売しているところが多く、一度申込をした墓地使用者から返還された霊園を抽選で受付しているケースが多いようです。そのため頻繁に募集は行われていないか、仮に行われていても競争率が非常に高く、なかなか希望の墓所を確保できない状況です。そうした現状を受けて、小・中規模の民営公園墓地が横浜市を中心に神奈川県内の各地に点在しています。価格面においても、公営墓地の方が圧倒的に安いというわけでもないため、特に公営にこだわる理由がなければ、民営の公園墓地をお選びになる方が多いようです。

神奈川県の霊園に限ったことではありませんが、近年オープンする霊園のほとんどは公園風の美しい外観を備えているため、見えない部分の違いを見極めることが重要になっています。まずは管理体制がしっかりしているかどうかを事前にチェックしておくことをお勧めします。墓地の販売が終了すると同時に送迎バスの運行や、園内清掃や植栽の手入れを中止する霊園もあるので確認が必要です。また、郊外の霊園については、自然の豊かさ、眺望の良さなども選択の際の重要な要素です。